LPIC

2016年 7月 1日に LPICレベル2 の日本語版の試験コード(Exam Code)が以下の通り変更されました。出題範囲の変更はありません。 <旧> 117-201 → <新> 201-400 <旧> 117-202 → <新> 202-400 LPICレベル2 を日本語で受験する場合は、必ず「201-400」または「202-400」を選択してください。 TestpassportのLpi LPIC-2 201-400問題集では、あなたが試験の出題範囲をより正確に理解することができ、よりよく試験に関連する知識を習得することができます。 実際のLpi LPIC-2 201-400試験問題のすべてが含まれていますから、それだけでも試験に受かることができます。 弊社のLpi LPIC-2 201-400試験資料は試験に関するすべての優れた参考書を見つけることができます。 弊社のLpi LPIC-2 201-400勉強資料は完全にリソースと試験の質問が装備され、それは201-400試験内容が含まれています。 […]

LPIC-1資格を取得することで、転職、就職などにももちろん有利になりますし、フリーのエンジニアとして働いている人も、仕事の受注をしやすくなるでしょう。 LPIC-1認定資格は、「ファーストレベルLinux専門家」を認定する資格試験です。 レベル1を取得するには101-400試験と102-400試験の2試験に合格する必要があります。 101-400Jと102-400J認証試験に合格したら、受験者はIT領域で国際的な価値を表すことができます。 TestpassportのLPIC-1(101-400J,102-400J)問題集の激安コースは上位の専門家が試験問題の正確性を保証できます。 優秀なLPIC-1(101-400J,102-400J)問題集の激安コースは試験センターによって、一年無料更新バージョンを提供して、最新のシラバスに従って出題される可能性があります。 LPICレベル1試験概要: 受験の前提条件:受験のための実務経験や前提資格保有条件はありません。 受験費用:1試験あたり15,000円(消費税別)です。 試験実施方式:試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。(マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。) 問題数:約60問 試験時間:90分 合否結果:合否結果は試験終了と同時に判ります。 平均勉強期間:一般的な勉強期間の目安としては、1か月~3か月程度です。 実際の101-400Jと102-400J試験に出る可能性がある問題が全部含まれて、問題集における問題を覚える限り、簡単に試験に合格することができます。 市場で一番最新のLPIC-1(101-400J,102-400J)問題集の激安コースを提供し、しかも依頼できる良い資源を得ることができることを保証いたします。 101-400Jと102-400J出題範囲のそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされています。重要度の範囲は概ね1~10であり、それぞれの主題の相対的な重要性を示しています。重要度が高い主題ほど、試験において多くの問題が出題されます。 101-400出題範囲: 主題101:システムアーキテクチャ 101.1 ハードウェア設定の決定と構成 101.2 システムのブート 101.3 ランレベル/ブートターゲットの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート 主題102:Linuxのインストールとパッケージ管理 102.1 ハードディスクのレイアウト設計 102.2 ブートマネージャのインストール […]

LPICレベル2は、Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築を行ったりLinuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を幅広く問います。 LPICレベル2認定資格を取得したかったら、必ず202-400試験を合格しなければなりません。 LPICレベル2認定202-400試験取得は小規模から中規模までのサイトを管理する 最も早い時間でLPICレベル2認定202-400認定試験に合格したいなら、Testpassportの202-400問題集を利用すればいいです。 受験者に提供することにより、お客様が一度目のLPICレベル2認定202-400試験でパスすることを保障いたします。 完全に実際のLPICレベル2認定202-400試験雰囲気とフォーマットをシミュレートするソフトウェアです。 弊社のLPICレベル2認定202-400受験対策を使って、10~20時間の独学だけで、お客様の時間と精力を節約して、一発合格が可能です。 202-400試験概要には、下記のとおりです 次のような小規模の混在 (MS、Linux) ネットワークの計画、実装、保守、一貫性の維持、セキュリティ設定、トラブルシューティングを行う – LANサーバ (Samba) – インターネットゲートウェイ (ファイアウォール、プロキシ、メール、ニュース) – インターネットサーバ (Webサーバ、FTPサーバ) ?アシスタントを監督する ?システム導入、案件の発注内容、予算等について管理職に助言やサポートをする LPICレベル2は、ITSSのスキル熟達度と資格を対応づけている「ITSSのキャリアフレームワークとITベンダー試験の関係(Ver4)(PDF:128KB)」の「ITスペシャリスト」「アプリケーションスペシャリスト」「ソフトウェアディベロップメント」「ITサービスマネジメント」「カスタマサービス」の5分野において 「レベル2」として位置付けられています。 弊社のLPICレベル2認定202-400問題集は実際の試験問題に対して役に立ちます。 実際のLPICレベル2認定202-400テストであなたの経験を繰り返すことができるようになります。 実は弊社のLPICレベル2認定202-400勉強資料を選んだら、202-400試験に合格することは不可能ではないです。 非常に短い時間で202-400試験に準備しても、あなたは順調に202-400試験に合格することができます。 弊社のLPICレベル2認定202-400練習問題集を使用すると、ほとんど受験する人は3日ぐらい專門の知識を勉強することができます。